09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Gukei Club    2nd Edition

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

斉藤さんと私 第03回「1:3の法則補足」 

難易度:★★★☆☆





※注意※

今回の内容は斉藤には直接関係ないものですので、斉藤にだけ関心のある方は読み飛ばしていただいて結構です。本当は前回の内容に補足として盛り込もうとおもったのですが、予想以上に長くなったためカットしました。

前回の1:3の法則ですが、もう一度おさらいしますと

 「斉藤は片側に3個、もう片側に1個配置されている。
・3個ある側のルール→一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている
・1個ある側のルール→次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている」

というものでした。そのため、消える瞬間のぷよは
斉藤3-1

このどちらかの形になっています。


この法則、何も斉藤に限った特徴ではありません。


       
→連鎖シミュレータ            →連鎖シミュレータ

ご存知の方も多いと思いますが、左がtomスペシャル、右はサガットスペシャルと呼ばれる挟み込み式の2列連鎖尾です。シミュレータで各色が消える瞬間をご覧ください。全ての色に対し、この1:3の法則が当てはまっています。


 このように、1:3の法則さえマスターすれば斉藤以外の連鎖尾という選択肢も使用可能になるのです。では今回はこの両方のサンプルを…と言いたいところですが、いかんせんtomスペシャルは私の手におえません…(斉藤よりもガチガチの規則性なのに加え、L字を大量に作るにはゾロ目の力が必要な気がします)。そこで斉藤の親戚筋にあたる(?)サガットスペシャルをサンプルに取り上げます。


まずは恒例のサンプルをどうぞ。



連鎖尾部分を抜き出すとこうなります。



→連鎖シミュレータ     →連鎖シミュレータ




連鎖尾の下段部分(緑)に階段が仕込まれているのが特徴です。この部分のお陰で(せいで?)連鎖全体の規則性が分かりづらくなっています。右は階段部分を消去した場合です。シミュレータで確認すれば分かるとおり、この部分がなくなると規則的な斉藤に変化します。

もちろん連鎖を組む段階で規則的な斉藤をイメージしてはいません(少なくとも私はしていません)。下段部分の階段も含め、1:3の法則に従って組むだけです。

で、これをサンプルに沿って詳しく解説すると長たらしくなるので、ポイントとなる下段部分以外は割愛します(斉藤なら全部解説しますが)。



サガットサンプル01


左の図が今回の下段部分です。実はこの段階では、斉藤・サガットのどちらにでも組むことができます。通常斉藤は右の図の上側のように組んでいきます。第00回でお話したように、斉藤の基本は鍵積みを縦に置き換えたもので、下段部分では消える順序が発火側(青)→壁側(緑)になっています。しかし、サガットの場合これが逆転し壁側(緑)→発火側(青)になっています。これはどういう事態なのかといいますと、1:3の法則の適用順序が逆になったということです。


①                    ②                    ③
    


①手前側の青での挟み込みを行わず、壁側の緑3つをくっつけます。このとき、手前側には2色の異なる色を配置しておきます(今回は青と黄色)。そして手前側に緑を1つ配置して階段の形にします。これで準備はできました。この2色のうちどちらか1色が発火色、そしてもう1色が緑の次に消える色です(今回は発火色→黄色、緑の次→青。もちろん逆にもできますが、応用事項なので省略します)。

②緑に対し1:3の法則を適用します。

・3個ある側のルール→一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている
→本来なら手前の青が挟みこまれている必要があります。しかしこの連鎖では青は緑の次に消える色であって、前に消える色ではありません。緑を階段タイプの配置にすることで連鎖の順序を変えているので、ここでは例外的にOKです。

・1個ある側のルール→次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている
→この場合次の連鎖のぷよ(青)が2つ挟まっていますのでOKです。




次に青に対して1:3の法則を適用します。ここからは斉藤と同じです。

・3個ある側のルール→一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている
→緑が挟まっているのでOKです。もう1つ青を緑の上に置けば3個側が完成します。

・1個ある側のルール→次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている
→壁側に別の色(前の色と同じ緑はダメなので、黄色か赤)を最低1個置き、その上に青をおく必要があります。今回は赤がきたのでまずこれをおきます。


③壁側に青を配置します。これで青の部分は完成です。次は青の下に挟みこんだ赤に対して1:3の法則が適用されます。また、ごみぷよとして緑が発生しましたので、赤の次に消えるのが緑ということもきまります。以下この繰り返しです。



複雑な形の連鎖尾は狙ってその全体像を作ったというよりも、こういった一つ一つの連鎖を規則的に作った結果なんだといえます。斉藤はむしろ規則的な全体像にあわせて連鎖を作っていきます。大雑把な言い方をすれば、斉藤→マクロな連鎖構築、1:3の法則→ミクロな連鎖構築といえるかもしれません。


今日のまとめ

「1:3の法則は挟み込み式連鎖尾に共通する特徴である。そのため、連鎖全体が同じ規則に基づかないタイプの連鎖尾にも応用可能である」




















スポンサーサイト
2011/07/19 Tue. 05:54 | trackback: -- | comment: 0edit

斉藤さんと私 第02回「1:3の法則とブロックのズレ」 

難易度:★★★☆☆

 今回は2部構成です。まず斎藤の構造をより細かく見ていこうと思います。そして次に、規則性が若干崩れた場合の斉藤について見ていきます。


Ⅰ、斉藤の消える瞬間

 まずは、毎度おなじみのこちらをご覧ください
基本的な斉藤サンプル03

 これは、鍵積みの4パターンで、斉藤を組む際の基本的なパーツです。
そして、「必ず片方の列に3個、もう片方に1個配置されます

 何だよそんなの当たり前だよと思われる方はわざわざ今回の記事を見る必要はないと思いますが、
この1:3の法則は斉藤の根幹をなす大切な規則です。これさえ覚えておけば(そして練習をつめば)、斉藤をより柔軟に組むことが可能になるのです。

 この1:3の法則、より詳しく言うと、以下のようになります。1:3の法則説明資料



この配置の意味するところは、消える段階になってはじめて分かります。消える瞬間、斉藤はこういう形になっています。
斉藤3-1


上は次に消える色(青)を下に2個はさんだ場合、下は1個はさんだ場合です。そのとき消えている色は長めのL字(黄)とトの字(赤)ですので形は違いますが、当然1:3の配置で左右の列にあります。

 ここまでは簡単にお分かりいただけると思います。問題はここからです。


Ⅱ、規則性の崩れた斉藤


例えば左下のような形を組むとします。
斉藤3-2斉藤3-3斉藤3-4



いわゆる右折のGTRです。左側にポツンと残されている緑と赤に注目してください。仮にこの状態から左2列に斉藤をつくるとしたらどうでしょうか。前回の記事で書いたように、斉藤を上段・中段・下段とわけて考えてみます。真ん中の図をご覧ください。鍵積みの規則から言えば、今赤がおいてある場所には右に出ている青がなくてはならず、赤はさらに一つ上の中段エリアにある必要があります。従ってこのまま斉藤を組もうとすれば、右の図の下側の様な形になってしまいます。

 ではどうするのか。

①赤を一度消して組みなおす
②このまま無理矢理斉藤を組む
③斉藤なんかやめて他の形の連鎖尾を作る

 ①も悪くないのですが、やはり無駄消しはなるべく避けたいです。そこで②を選択します(しかし最も賢明な選択肢は③かもしれ・・・なんでもないです)。


ではやってみます。今回もサンプル動画を作ってみました。




斉藤の部分だけ抜き出しますとこのような形です。


 ⇒ 斉藤ファイル:1つズレた斉藤の復元 ⇒ 

 まずこの連鎖の右にはみ出た緑を上に戻し、そしてその上にあるぷよを全て上に一つ繰り上げます。すると右の図の形に変わります。見てのとおり、上段・中段・下段に規則的な鍵積みが出現します。


 ・・・と、このように出来上がった連鎖から逆算すれば分かりやすいのですが、問題は連鎖を組む途中の段階です。ブロック単位で作る場合は規則性が見て分かりやすいため悩みませんが、今回はそのブロック単位で作ることができません。ブロック自体がずれてしまっているからです。もちろん崩れたブロックの全体像をイメージすることができれば問題ありませんが、今回はそれとは別の方法で斉藤を組んでいきます。それが最初に話した「1:3の法則」です。

ではサンプルの斉藤を順を追ってみていきましょう。

①下段エリア




(0:17あたり)まず壁側の青色を3つ分そろえます。これで下段左側は完成です。直後の赤と黄色の組み合わせを配置することにより、中段の色が決定します。中段壁側が黄色、もう片側が赤です。


 ここでのポイントは「赤の上に青色を1つ置くことをこの時点で考えておくこと」です。なぜかというと、ここで中段赤と下段青の間に「1:3の法則」が適用できるからです。もう一度おさらいしますと、

3個ある側のルール「一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている」
→一つ前の連鎖とは、ここでは青のことです。それが3個ある側(中段赤)にはさむ必要があるということです。

1個ある側のルール「次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている」
→赤色にとって次の連鎖は黄色ですので、この黄色の上に赤色を置けばこちらもOKです。


②中段エリア



(0:24~28あたり)赤と青のセットがきたので赤の上に置きます。そしてその次のツモが赤と黄色のセットでした。これは中段を作るのに必要なツモですので、そのまま中段左側に設置します。その2手先にもまた赤と黄色がきましたので、これを使い赤の連鎖を完成させます。次は中段の黄色に対して「1:3の法則」が適用されます。

3個ある側のルール「一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている」
→ここでは赤色のことです。既に置いてあるのでOKです。

1個ある側のルール「次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている」
→これはまだ配置していません。上段部分右側に何か一色挟み込む予定をこの時点で立てておきます。





ここで触れておきたいのは、中段赤の配置です。先ほど見せた1:3の消え方をもう一度ご覧ください。

斉藤3-1


図の上側の配置ように、1:3の法則では1個配置した側には最大2つのぷよを挟み込んでも連鎖が成立します。ここは結構重要な部分です。ツモに応じて1つ挟み込むのか2つにするのかを選択できるからです(今回は触れませんが、さらに応用的な組み方をする際にもこの2つ挟み込むテクニックを使います)。








③上段エリア


(0:32あたり)青のゾロがきました。幸いにも上段にはまだ何も配置していないため、色は好きに決めることができます。そこで、この青を上段右側の色と決めます。



(0:35あたり)青と緑のセットです。これを壁側にセット。あとは青と、その前の連鎖である黄色がくれば上段が完成です。緑についてですが、もちろん青と黄色を設置した後さらに緑が3つくれば繋がるのですが、第01回でも言ったとおり上段のツモ制約はかなりきついです。よって緑はあまり狙いすぎず、青と黄色に集中するほうが無難だと思います。


(0:42あたり)青と黄色のハチイチが来ました。これで完成です。




 と、サンプルに沿って1:3の法則を見てきましたが…お分かりいただけたでしょうか?前回までの単純明快さが無くなってしまって申し訳ありません。とにかくこの1:3の法則を身体の芯まで叩きこんでください。そうすれば土台部分で若干の崩れがあったとしても、その上に斉藤を組むことが可能です。
これが斉藤のカスタマイズへの第一歩です。


 次回はこの1:3の例外事項、2:2の法則についてです。これは今回以上に複雑になるんだろうなあ…。
 

今日のまとめ
 「斉藤は片側に3個、もう片側に1個配置されている。規則性が崩れた場合、1:3の法則に従って斉藤を組む。そのルールは
・3個ある側のルール→一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている
・1個ある側のルール→次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている


2011/06/26 Sun. 22:02 | trackback: -- | comment: 0edit

斉藤さんと私 第06回「その他の斉藤トリビア」 

難易度:???


これで斉藤さんと私シリーズも一応完結です。今回は斉藤に関するちょっとしたことをいくつかまとめてお話します。



トリビア1、斉藤のもうひとつの形
連鎖について書いてあるサイトはいくつもあります。その中には以下の形も載っています。




この連鎖では、斉藤の下段部分が縦に3列配置された、いわば階段積みの形を採用してあります。ここまで鍵積みによる斉藤の規則性を強調するため、あえてこの部分は省いて書いてきました。



トリビア2、斉藤を崩す



某有名プレイヤーなどは実際にやっているというのをどこで聞いたことがあります。
斉藤の構造上、中段部と上段部に挟まったぷよから発火することもできます。このサンプルでは、
左の絵…中段の青から4連鎖
右の絵…上段の緑から2連鎖
が使えます。潰し、追い討ち、催促等への利用が出来るかもしれませんが、一度崩すと組みなおすのが難しいところが難点です。

トリビア3、どっちがいい?


斉藤6連鎖(8680点)vs2連鎖20個同時消し(4040点)

両方のぷよの総数は同じです。得点の上では斉藤が勝っていますが、あと2連鎖伸ばされて4連鎖20個同時消しにされると9800点なので逆転されます。斉藤の連鎖モーションにかかる時間を考えると2連鎖分の伸ばしくらいはされるかも知れません。斉藤は基本的に4個消し固定の連鎖なので得点が低いです。ですから相手の連鎖数+2連鎖、出来れば3連鎖は欲しいところです。




トリビア4、多重挟み込み




1:3の法則では最大2つまで次の連鎖のぷよを挟み込めます。通常は真ん中の絵のように、同じ色を2個分おきますが、右の絵のように別の色を1個ずつ挟み込むことにより、斉藤の連鎖の順番を変更することができます。右の絵は青→黄色→赤(orさらに挟み込んだ別の色)の順番です。

そして、ここに2:2の法則や5個消しを組み合わせると、かなり応用的な斉藤を組むことができます

(例)

→連鎖シミュレータ     →連鎖シミュレータ


通常の斉藤よりも格段に分かり難いため、相手の目をごまかしやすいのですが、その反面、組む側にとっても理解しづらいです。ちなみに私は組めませんのであしからず。
2011/06/26 Sun. 08:49 | trackback: -- | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。