09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Gukei Club    2nd Edition

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

斉藤さんと私 第03回「1:3の法則補足」 

難易度:★★★☆☆





※注意※

今回の内容は斉藤には直接関係ないものですので、斉藤にだけ関心のある方は読み飛ばしていただいて結構です。本当は前回の内容に補足として盛り込もうとおもったのですが、予想以上に長くなったためカットしました。

前回の1:3の法則ですが、もう一度おさらいしますと

 「斉藤は片側に3個、もう片側に1個配置されている。
・3個ある側のルール→一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている
・1個ある側のルール→次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている」

というものでした。そのため、消える瞬間のぷよは
斉藤3-1

このどちらかの形になっています。


この法則、何も斉藤に限った特徴ではありません。


       
→連鎖シミュレータ            →連鎖シミュレータ

ご存知の方も多いと思いますが、左がtomスペシャル、右はサガットスペシャルと呼ばれる挟み込み式の2列連鎖尾です。シミュレータで各色が消える瞬間をご覧ください。全ての色に対し、この1:3の法則が当てはまっています。


 このように、1:3の法則さえマスターすれば斉藤以外の連鎖尾という選択肢も使用可能になるのです。では今回はこの両方のサンプルを…と言いたいところですが、いかんせんtomスペシャルは私の手におえません…(斉藤よりもガチガチの規則性なのに加え、L字を大量に作るにはゾロ目の力が必要な気がします)。そこで斉藤の親戚筋にあたる(?)サガットスペシャルをサンプルに取り上げます。


まずは恒例のサンプルをどうぞ。



連鎖尾部分を抜き出すとこうなります。



→連鎖シミュレータ     →連鎖シミュレータ




連鎖尾の下段部分(緑)に階段が仕込まれているのが特徴です。この部分のお陰で(せいで?)連鎖全体の規則性が分かりづらくなっています。右は階段部分を消去した場合です。シミュレータで確認すれば分かるとおり、この部分がなくなると規則的な斉藤に変化します。

もちろん連鎖を組む段階で規則的な斉藤をイメージしてはいません(少なくとも私はしていません)。下段部分の階段も含め、1:3の法則に従って組むだけです。

で、これをサンプルに沿って詳しく解説すると長たらしくなるので、ポイントとなる下段部分以外は割愛します(斉藤なら全部解説しますが)。



サガットサンプル01


左の図が今回の下段部分です。実はこの段階では、斉藤・サガットのどちらにでも組むことができます。通常斉藤は右の図の上側のように組んでいきます。第00回でお話したように、斉藤の基本は鍵積みを縦に置き換えたもので、下段部分では消える順序が発火側(青)→壁側(緑)になっています。しかし、サガットの場合これが逆転し壁側(緑)→発火側(青)になっています。これはどういう事態なのかといいますと、1:3の法則の適用順序が逆になったということです。


①                    ②                    ③
    


①手前側の青での挟み込みを行わず、壁側の緑3つをくっつけます。このとき、手前側には2色の異なる色を配置しておきます(今回は青と黄色)。そして手前側に緑を1つ配置して階段の形にします。これで準備はできました。この2色のうちどちらか1色が発火色、そしてもう1色が緑の次に消える色です(今回は発火色→黄色、緑の次→青。もちろん逆にもできますが、応用事項なので省略します)。

②緑に対し1:3の法則を適用します。

・3個ある側のルール→一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている
→本来なら手前の青が挟みこまれている必要があります。しかしこの連鎖では青は緑の次に消える色であって、前に消える色ではありません。緑を階段タイプの配置にすることで連鎖の順序を変えているので、ここでは例外的にOKです。

・1個ある側のルール→次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている
→この場合次の連鎖のぷよ(青)が2つ挟まっていますのでOKです。




次に青に対して1:3の法則を適用します。ここからは斉藤と同じです。

・3個ある側のルール→一つ前の連鎖のぷよが1個挟まっている
→緑が挟まっているのでOKです。もう1つ青を緑の上に置けば3個側が完成します。

・1個ある側のルール→次の連鎖のぷよが最低1個下に挟まっている
→壁側に別の色(前の色と同じ緑はダメなので、黄色か赤)を最低1個置き、その上に青をおく必要があります。今回は赤がきたのでまずこれをおきます。


③壁側に青を配置します。これで青の部分は完成です。次は青の下に挟みこんだ赤に対して1:3の法則が適用されます。また、ごみぷよとして緑が発生しましたので、赤の次に消えるのが緑ということもきまります。以下この繰り返しです。



複雑な形の連鎖尾は狙ってその全体像を作ったというよりも、こういった一つ一つの連鎖を規則的に作った結果なんだといえます。斉藤はむしろ規則的な全体像にあわせて連鎖を作っていきます。大雑把な言い方をすれば、斉藤→マクロな連鎖構築、1:3の法則→ミクロな連鎖構築といえるかもしれません。


今日のまとめ

「1:3の法則は挟み込み式連鎖尾に共通する特徴である。そのため、連鎖全体が同じ規則に基づかないタイプの連鎖尾にも応用可能である」




















関連記事
2011/07/19 Tue. 05:54 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。